ようこそ! 「社会保険労務士試験を独学で?~年収や難易度は?」へ モバイルサイトはコチラ

社会保険労務士の資格を活かす!?

スポンサードリンク

社会保険労務士の資格を活かす!?
社会保険労務士試験に合格して、登録をすることにより社会保険労務士を名乗ることが出来ますが、何を目的として社会保険労務士となるのかを明確にしておきましょう。
資格取得が趣味で、社会保険労務士試験に合格することだけが目的という方は少ないでしょう。
社会保険労務士試験も簡単ではありませんので、ある程度の時間は試験勉強のために割くこととなります。
社会保険労務士試験
会社で総務担当をしており、社会保険労務士の資格を取得を会社から勧められたようなケースであれば、勤務社会保険労務士として活躍していけるでしょう。

しかし、社会保険労務士の資格を持っていれば安心だ、社会保険労務士の資格を持っていれば独立できる、社会保険労務士の資格を持っていれば転職に有利だなどという、どこかの資格学校のパンフレットに書いてあるようなことから、社会保険労務士試験を受ける方は少し考えてください。

社会保険労務士の資格を持っているからといって、不利になることはありませんが、有利となることも多くはありません。
まして、社会保険労務士の資格を武器に転職する、独立するといった行為はキケンです。

転職の場合は、社会保険労務士の資格が有利となることは少ないと考えます。
確かに難しい社会保険労務士試験に合格したということは評価できるかもしれませんが、転職先において求められることは資格の取得ではありません。
求められるのは、仕事の能力です。
社会保険労務士が独占的に行うことができる業務の中には、企業人として有効なものはないといってもいいでしょう。

独立の場合はもっと厄介です。
社会保険労務士の資格をもって独立すれば、仕事の依頼が殺到すると考えているのでしょうか。
もしも、そのように考えているのであれば、それは間違いです。
社会保険労務士の試験に合格しても、独立に必要なものはほとんどありません。
試験勉強したことは多少は役に立ちますが、それ以外はないといっても過言ではありません。

顧客から求められるのは、社会保険労務士試験に合格するために勉強したことではないのです。
よって、独立を考えている方はニーズのある業務の勉強が更に必要となります。

スポンサードリンク