ようこそ! 「社会保険労務士試験を独学で?~年収や難易度は?」へ モバイルサイトはコチラ

社会保険労務士として独立する

スポンサードリンク

社会保険労務士として独立する
社会保険労務士として独立することを考えている方は、まず社会保険労務士として何をやって行きたいのかを考えてみましょう。
そして、その業務でやっていけるのか、つまりお客様よりお金を頂いて自分の生活を成り立たせていくことが出来るのかを、じっくりと検討していく必要があります。
社会保険労務士試験
このような明確なビジョンがないまま、社会保険労務士試験を受ける、社会保険労務士に合格、登録して独立することは大変リスクがあります。
もしかしたら、膨大な時間を掛けて試験勉強したことが無駄になるかもしれません。
そうであれば、試験勉強の時間を他の事に有効活用したほうが、あなたの人生にとって最適かもしれません。

とはいえ、難しい社会保険労務士試験に合格して社会保険労務士として活躍したいと考えている方にいくつかアドバイスをしましょう。

自分が行っていきたいと考える業務のスペシャリストになるための勉強をしましょう。
勉強とは実務を理解するだけでなく、経験を積むことも含まれます。

次に業務の対象となる顧客をどのようにして獲得していくか考えましょう。
この部分が欠落している方が多いように感じますが、独立して業務のスペシャリストとなっても、どのようにして顧客を獲得していくかが分からないというものです。
顧客を取れなければ、どんなに素晴らしい業務を提供できるとしても宝の持ち腐れです。

社会保険労務士試験に合格して、実務経験がない方は事務指定講習を受けることになります。
社会保険労務士試験に合格してから講習までの期間が結構ありますので、せっかく試験勉強により机に向かう習慣が付いたのですから、その間は実践的なマーケティングの勉強をしてはいかがでしょうか。
業務に関しての実務を勉強することも重要ですが、顧客を集める方法も同じように重要なのです。

コンサルティングを業務として行っていく考えの方は、はっきりいってしまえば社会保険労務士の資格なんて必要ありません。
実際に、労働や社会保険に関するコンサルティングは社会保険労務士だけの独占業務ではないのです。

しかし、社会保険労務士は国家資格者です。
それだけに顧客より信頼されることがありますので、その意味で社会保険労務士の資格を活用していく考えもあります。
社会保険労務士は、社会保険労務士法によって縛られていますので、不正行為等法に反する行為を行った場合には、社会保険労務士の資格を剥奪される可能性もあるのです。

社会保険労務士など資格試験に合格するための教材として資格試験最短合格勉強法をオススメします。

スポンサードリンク