認知症高齢者の自立した生活をサポートおよび介護を行うのがグループホームであり、その設置基準や理念、費用、料金など役立つ情報を提供しているサイト
グループホームとは

グループホームとは


グループホームとは
グループホームとは何かご存知ですか?
グループホームは認知症の高齢者のための介護サービスの一つです。
少子高齢化の日本社会では、認知症となる方も増えていくことが考えられます。
それと同時に、認知症である方の介護を行うことができない、1人暮らしのために介護を行ってくれる家族がいないようなケースも増えていくことでしょう。
このような場合にグループホームにおけるケアが最適とされているのです。

グループホームは今までのケアのように高齢者に何もしてもらわずに、ただ世話をするというものではありません。
自宅でもなく病院でもない、言わば第二の自宅のようなものです。
その第二の自宅において、少人数の認知症の方と介護スタッフと一緒に共同生活をします。
共同で生活するということなので、認知症の方も可能な限り家事など自分でできることは自分で行います。
介護スタッフも手助けをする程度で、介護施設のようなケアは行いません。
このような生活をすることで、認知症という病気に一定の効果があるとされています。
しかし問題点もあります。
介護保険制度が施行されて以降グループホームの数は急増していますが、その数は足りていないとされています。
またグループホームの中には質の悪い介護サービスを提供するところもあります。
このことからグループホームを運営している事業者に対するサービス外部評価制度も始まりました。
グループホームの入居を検討している家族の方は理解しておく必要があるでしょう。
グループホームとは

グループホームとは

★メニュー

グループホームの基礎知識
グループホームの外部評価

ご意見等はこちらまで

AX



ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グループホームとは