ようこそ! 「ランドクルーザー200~ランクルZXのカスタム」へ

ランドクルーザー200の安全装備関係 予防安全 その2

スポンサードリンク

ランドクルーザー200の安全装備関係 予防安全 その2
ランドクルーザー200の安全装備関係について紹介しましょう。
予防安全に関する装備の続きです。

次はレーダークルーズコントロールです。
高速道路などで主に使用する機能ですが、一定の速度で走行する場合にはスイッチを操作することによってアクセルペダルを踏まなくても走行してくれ、ブレーキやアクセルを踏むことによって解除されるのがクルーズコントロールという機能で、全車に標準装備されています。

翔フロントテーブル ランドクルーザー200専用
このクルーズコントロールの機能を進化させたのがレーダークルーズコントロールで、ZXとAXのGセレクションにメーカーオプションで装備することができます。
これはクルーズコントロールの機能に、ミリ波レーダーや各種センサーを使用することによって、前を走っている車との車間距離や存在を認識することによって、設定した速度の範囲内で、車間距離を保ちながら追従して走行することができる機能です。

例えば、高速道路において前に車が走っていない場合には100km/hにて走行して、前に車が現れたら80km/hで走行すると設定します。
そうすると、前に車がいない場合には100km/hの定速にて走行し、前に車が現れたら100km/hから80km/hに自動的に減速します。
そして前の車との車間距離を一定に間持ちながら80km/hにて追従走行を行い、前の車がいなくなったら80km/hから100km/hに加速してまた定速走行を始めるというものです。

フロントグリルの部分にミリ波レーダーのセンサーが取り付けられており、このセンサーが前走車を確認することとなります。
しかし、コンピュータが判断して行っているものであり、交通社会では何が起きるかは予測がつきません。
よってこの機能に全面的に頼ることなく、自らも安全運転を心がけることが重要となります。
うまく使いこなすと高速道路での長距離移動の疲れを軽減させることができる便利なものとなるでしょう。

次は、全車に標準装備されているマルチテレインABSとVSCがあります。
マルチテレインABSは、アスファルトの道路はもちろんのこと、雪路やオフロード路面においてもタイヤがロックすることなく安全にブレーキをかけ減速・停止をすることができます。
VSCは、急ハンドルや雪路などでの旋回といった際に横滑りを検知した場合に、各輪のブレーキとエンジンをコントロールして車を安定させることができます。

スポンサードリンク