ようこそ! 「ランドクルーザー200~ランクルZXのカスタム」へ

ランドクルーザー200の安全装備関係 予防安全 その1

スポンサードリンク

ランドクルーザー200の安全装備関係 予防安全 その1
ランドクルーザー200の安全装備関係について紹介しましょう。
予防安全に関する装備です。

まずは”プリクラッシュセーフティシステム”というものがあります。
これには”緊急ブレーキ連動方式”と”ミリ波レーダー方式”の二つがあります。

AP サイドバイザー APT58 トヨタ ランドクルーザー UZJ200W URJ202W
緊急ブレーキ連動方式は、ZXとAXのGセレクションに標準装備されている機能で、緊急のブレーキと判断した場合や車が横滑りしたと判断した場合には、フロントシートに座っている人の安全を確保するために自動的にシートベルトを巻き取るものです。

一般的なシートベルトも、勢いよくシートベルトを引っ張ると自動的にシートベルトが止まるという機能が付いていますが、このプリクラッシュセーフティシステムの緊急ブレーキ連動方式は、既存のシートベルトを止めるというような機械的なものではなく、センサーが感知することによってシートベルトを巻き取るという先進的なものです。

さらに高機能なものがミリ波レーダー方式です。
これはZXとAXのGセレクションにメーカーオプションで装備できるもので、前に走っている車や道路上にある障害物、対向車といったものが衝突の危険があるとコンピュータが判断した場合に、警報やブレーキアシスト、ブレーキを掛ける、シートベルトを巻き取るといった安全のための機能が自動的に働くというものです。

警報とは、衝突の可能性があるとコンピュータが判断した場合には、ブザーによる警報とメーター内にあるディスプレイに表示させることによって危険を知らせるものです。

ブレーキアシストとはプリクラッシュブレーキアシストと呼ばれ、衝突の可能性があるとコンピュータが判断した場合には、ブレーキアシストの機能をスタンバイして、運転手がブレーキを踏み込んだと同時にブレーキアシストを作動させて、衝突する速度を低減させるものです。

ブレーキを掛ける、シートベルトを巻き取るとは、プリクラッシュブレーキとプリクラッシュシートベルトと呼ばれ、衝突を避けることができないとコンピュータが判断した場合には、ブレーキを掛けて衝突する速度を低減させ、フロントのシートベルトを巻き取って運転手等の保護を行います。

このように、運転手の危険回避の行動に応じてコンピュータがブレーキ等の安全予防行動をしてくれるというものです。

スポンサードリンク