ようこそ! 「ランドクルーザー200~ランクルZXのカスタム」へ

ランドクルーザー200のインテリア~シート

スポンサードリンク

ランドクルーザー200のインテリア~シート
ランドクルーザー200のインテリアについて紹介しましょう。
インテリアといえば、まずシートが気になるところでしょう。
ランドクルーザー200のシートは、2-3-3の8人乗りのシート配列となっています。
シートの素材は、本皮とモケットの2種類であり、ZXとAXのGセレクションは本皮、AXがモケットシートとなっています。

ランドクルーザー 200系 メッキドアミラーカバー 『 BRIGHTZ 98』
セカンドシートとサードシートは真ん中で分割することができ、様々なシートアレンジができるようになっています。
セカンドシートは105mmスライドする機能があり、目一杯後ろに下げればセカンドシートであっても足元にスペースは充分確保できます。
ZXのグレードはパワースライド(スイッチ一つで動かすことができる機能)となっています。

また、3列シートの車の問題として、サードシートへの乗り降りが大変という問題があります。
しかし、ランドクルーザー200の場合は、セカンドシートはワンタッチで簡単に折りたたむことが可能となっており、乗り降りのスペースも充分確保されていることから問題ありません。

シートアレンジとしては、長いものを載せつつも4人乗車が充分可能となるセカンドシートとサードシートの左側を前倒しとするパターン、後ろにたくさんの荷物を載せつつも5人乗車が可能となるサードシートを跳ね上げてしまうパターン、さらに大量の荷物を載せつつ3名乗車が可能となる、セカンドシート右側を前倒し、サードシート双方跳ね上げてしまうパターン、運転席と助手席のみ乗車として荷物を大量に載せることができるセカンドシート双方を前倒し、サードシート双方跳ね上げてしまうパターンなどができます。

一番広いスペースを確保できるセカンドシート双方を前倒し、サードシート双方跳ね上げてしまうパターンでは、縦1,685mm、横990mmのスペースが確保できます。

スポンサードリンク