ようこそ! 「高齢者宅配弁当~在宅や安否の確認」へ

コープこうべが高齢者宅配弁当事業を開始

スポンサードリンク

コープこうべが高齢者宅配弁当事業を開始
兵庫県神戸市東灘区にある生活協同組合コープこうべが高齢者宅配弁当事業を開始しました。

高齢者宅配弁当
生活協同組合コープこうべは、西宮市周辺をエリアとして高齢者を対象とした夕食の弁当宅配サービスを開始しました。
高品質で低カロリーなお弁当が宅配されますが、お弁当の宅配だけでなく同時に高齢者の方たちの見守り活動も併せて行われます。

お弁当には2種類があり、ご飯とおかず5品がセットになった約500キロカロリーのお弁当と、おかずだけ6品の約450キロカロリーとなっています。
おかずのメニューとしてはサバのおろし煮や鶏肉とジャガイモの炒め煮といった和食が中心です。

この高齢者宅配弁当サービスの利用に当たってはコープの組合員になることが必要です。
お弁当は月曜日から金曜日までの5日間を1単位として申し込みを行うこととなり、価格は2,740円から2,990円です。
お弁当の容器はそのまま電子レンジにて温めることができ、食べ終わった容器は、次のお弁当宅配時に回収されて再利用されることとなっています。

お弁当は毎日手渡しで受け渡すこととなっており、宅配だけでなく安否確認や高齢者との交流も図ることができる仕組みとなっています。

生活協同組合コープこうべは、神戸市東灘区住吉本町1丁目3番19号 にあり、組合長理事は浅田克己氏、組合員数が1,406,921人です。
社会運動家であった賀川豊彦の指導のもと1921年前身が誕生し、 1991年創立70周年を機に名称を「生活協同組合コープこうべ」に改称しました。
コープこうべは組合員の暮らしを支え、豊かにするさまざまな事業や活動を展開しています。

スポンサードリンク