ようこそ! 「住宅ローンの審査基準~事前審査や仮審査」へ

住宅ローンの審査基準のポイント

住宅ローンの申込を金融機関等にする前に、ある程度は住宅ローンに関する知識を得ていた方が役に立つことでしょう。
一番知っておいてもらいたいことは、住宅ローンの審査基準のポイントです。
住宅ローンに限ったことではありませんが、融資の審査のポイントは大きく3つに分けられます。
それは、資金使途、返済力、担保価値です。

スポンサードリンク

資金使途 その1

資金使途 その1 住宅ローンに限ったことではありませんが、融資の申込をする際の審査として、借り入れた資金を何に使うのかを確認します。 最近はやりの高金利のカードローンは例外的に借りたお金の使い道は自由ですが、それ以外の融資については使い道をはっきりさせておく必要があります。 これを”資金使途”読んでいます。 住宅ローンの資金使途については明確であり、住宅に関連するものを購入するために使わ...

資金使途 その2

資金使途 その2 住宅ローンの資金使途の原則として、自分が住むための家を購入するための資金であることを説明しましたが、もう一つ重要なものがあります。 それは、購入する物件等が適切な物件であるということです。 例えば既に土地を所有しており自分の家を新築する場合などは、その新築する建物が適法なものか確認します。 一定規模以上の自宅を新築する場合には法律に適した建物にする必要があり、建てる前に...

返済比率 その1

返済比率 その1 住宅ローンの審査にあたって、資金使途の次に確認することが返済力です。 この申込人は、この金額をこの期間で借り入れして、本当に返済することができるのかということを確認します。 最長35年という長期間借りることとなる住宅ローンにおいて、その借り入れ期間問題なく返済することが可能かということを、申込の時点で把握することはできません。 よって、機械的に”返済比率”というものを計...

返済比率 その2

返済比率 その2 住宅ローンの審査にあたって、資金使途の次に確認することが返済力ですが、その審査の方法として返済比率を算出して審査する方法を紹介しました。 これは、1年間における返済額÷年収×100という計算式にて算出しますが、その中の1年間の返済額と年収について詳しく説明しましょう。 まず1年間の返済額についてです。 一つ確定しているものは、今回借りようとしている住宅ローンの1年間の返...

返済比率 その3

返済比率 その3 1年間の返済額においては、今回申込する住宅ローンの年間返済額については算出方法を紹介しました。 現時点において金融機関等からの借り入れが全くない方については、年間返済額についての算出は終わりです。 しかし、現時点で何か金融機関等から融資を受けている場合には、その分の年間返済額も計算しなければなりません。 住宅ローンの申込の時点で、申込書に現在の借り入れ状況を記入する欄が...

返済比率 その4

返済比率 その4 1年間の返済額を算出する方法として、他金融機関の借り入れ状況も申告する必要があることを説明しました。 よって、自身が毎月返済している金額は分かると思うので、その金額の1年分を住宅ローンの年間返済額に加算します。 また、個人信用情報を照会して記載されてくる情報には、借り入れをして毎月返済されるものばかりではありません。 カードローンのように、一定金額の極度額を設定して自由...

返済比率 その5

返済比率 その5 これまでの説明において、1年間の返済額の概算が算出することができます。 まずは、借り入れ予定の住宅ローンの年間返済額、次にマイカーローンや教育ローンなど他に借り入れがある場合にはその年間返済額、さらにカードローン契約がある場合にはその年間返済額を合算したものが1年間の返済額となります。 カードローンの年間返済額の算出方法が金融機関等によって異なることから不透明ですが、借り入れ予...