ようこそ! 「住宅ローンの審査基準~事前審査や仮審査」へ

資金計画で重要な諸費用

スポンサードリンク

資金計画で重要な諸費用
住宅取得費用を計算するに当たって、諸費用のことを計算に入れていますか。
ほとんどの方は、諸費用のことも資金計画に入れていると思いますが、住宅ローンの申込を受け付けた際に諸費用のことが頭にない方もいました。
住宅ローン審査基準
”諸費用分も借りればいいや”と簡単に考える方もいました。
住宅ローンの使い道として、住宅取得に要する諸費用もあることから問題はないのですが、実際には自己資金を諸費用に回す形となるので、自己資金が減り借り入れ金額が増えることとなります。

このような資金計画が甘い、自己資金を十分に用意できていない、本気で住宅購入を考えているのかと疑いたくなるような方に限って、他で借りれが多くあることから返済能力の要件を満たさない、購入する物件に問題がある、購入する物件の担保価値を借り入れ金額に差があるといった問題を抱えており、住宅ローンの審査が簡単に通らない方が多いように感じました。

これから挙げる諸費用は全てではありません。また、かからないものもあります。
金額も購入する価格や借り入れ金額によって大きく異なってきますので挙げません。
詳細につきましては、これぞれの言葉で検索して調べてみましょう。

(物件の購入・建物の新築の際)
・不動産売買契約書や工事請負契約書の印紙代

(住宅ローンの融資の際)
・不動産の仲介手数料 ・固定資産税の精算金 ・不動産の所有権移転登記若しくは新築建物の保存登記のため登録免許税 ・金銭消費貸借契約証書等の住宅ローンに関する書類の印紙代 ・住宅ローン事務手数料 ・住宅ローン保証料 ・火災保険料 ・登記に関する司法書士に支払う手数料(所有権移転若しくは建物の保存登記や抵当権設定登記)

(転居等の際若しくは後)
・引越し費用 ・水道加入金 ・不動産取得税 ・その他転居に伴う費用等

このように諸費用は10万や20万円程度ではありません。
100万円は軽く超えます。
よって資金計画の際には諸費用に関してもしっかりと検討する必要があります。

スポンサードリンク