ようこそ! 「住宅ローンの審査基準~事前審査や仮審査」へ

住宅購入資金を親から借りる

スポンサードリンク

住宅購入資金を親から借りる
住宅取得のための資金を親から援助してもらえれば、自己資金が増えることになるので、住宅ローンの審査が通り易くなることが考えられます。
しかし、全ての方がそのような恵まれた環境にあるとは限りません。
住宅ローン審査基準
とはいえ、自己資金が少ないと住宅ローンの利用ができないことが考えられますので、住宅購入自体をあきらめることになってしまいます。
なかには、親からの資金援助は期待できないが借りることはできる、兄弟や親類から住宅資金を借りることならできそうだという方もいることでしょう。

住宅ローンの審査において、自己資金が少ないことから審査が通らないということはよくあることです。
そこで、銀行以外から借りることができる場合には、借りることをお勧めします。
ここでいう銀行以外とは、親や兄弟、親族のことであり、間違っても怪しいところからの借り入れはしてはいけません。

親等から住宅取得のために資金を借りる場合であっても、キチンと借用書を作成しましょう。
そして借用書に記載されているとおりに、しっかりと返済していきましょう。
これらを行わないと、税務署から贈与とみなされ多額の贈与税が課されることが考えられます。

借用書の書式については、インターネットで”借用書 書式””金銭消費貸借 書式”で検索すればたくさん見つかります。
ポイントとしては、印紙を貼ること、金利は住宅ローン金利を参考にすることです。

住宅ローン審査の観点からいくと、この方法は担保不足の場合に有効となります。
親等から借りる場合には抵当権といった担保設定をしません。
よって担保価値が不足している場合には借り入れ金額を少なくすれば審査は通りやすくなります。

しかし返済能力に問題がある場合には有効ではありません。
親等から借りても毎月返済することになるのですから、結局は毎月の返済額はさほど変化がないのです。

スポンサードリンク