ようこそ! 「住宅ローンの審査基準~事前審査や仮審査」へ

住宅ローンの借り入れ期間は

スポンサードリンク

住宅ローンの借り入れ期間は
住宅ローンの借り入れ期間をどのくらいにするかということも、大きな影響があります。
当然に自分が毎月返済していくことができる金額にしなければなりませんが、住宅ローンの借り入れ期間はできる限り短くすることをお勧めします。
住宅ローン審査基準
住宅ローンの審査において、借り入れ金額と年収の関係から返済比率が基準を超えてしまうことから、暗に借り入れ期間を最長にされてしまうこともあるようです。
しかし、基準を超えてしまっても住宅ローンの審査が通らないわけではありませんので、とりあえずは自分が希望する借り入れ期間で申込をしましょう。

借り入れ期間が短いことだけが住宅ローンの審査が通らない理由であれば、その時点で借り入れ期間を延ばせば問題なく審査は通るということになります。

なぜ借り入れ期間はできるだけ短くした方が良いかというと、支払利息の多額さにあります。

・事例1:借入金額2500万円、金利3.9%、借り入れ期間35年
毎月返済額109,199円、総返済金額45,863,580円、支払利息額20,863,580円

・事例2:借入金額2500万円、金利3.9%、借り入れ期間30年
毎月返済額117,917円、総返済金額42,450,120円、支払利息額17,450,120円

・事例3:借入金額2500万円、金利3.9%、借り入れ期間25年
毎月返済額130,583円、総返済金額39,174,900円、支払利息額14,174,900円

・事例4:借入金額2500万円、金利3.9%、借り入れ期間20年
毎月返済額150,181円、総返済金額36,043,440円、支払利息額11,043,440円

上記の事例を見てもらいますと分かるように、借り入れ期間によって、大きく支払利息額が変わってきます。
当然に毎月返済金額も増えてしまいますが、支払利息額を考えますと毎月返済額が増えても、できる限り借り入れ金額を短くすべきと考えます。

スポンサードリンク