ようこそ! 「住宅ローンの審査基準~事前審査や仮審査」へ

住宅ローンの申込をする前に

金融機関に住宅ローンの申込をする前に、やっておきたいことはたくさんあります。
特に住宅ローンの借り入れにあたり審査基準に満たないようなものがある場合には、事前の綿密な計画は必要となります。
住宅ローンは、個人としては借り入れ金額も高額であり、借り入れ期間も長いものとなることが一般的です。
そのような借り入れをするにあたって、何の計画もないまま借り入れの申込をして貸してくれる銀行等は少ないでしょう。

スポンサードリンク

住宅購入のための資金計画

住宅購入のための資金計画 住宅の購入を検討する際には、当然資金計画を立てることでしょう。 その資金計画の中には金融機関で住宅ローンを利用することも含まれているでしょう。 住宅ローンを申し込むにあたっては、審査があり住宅購入のための資金計画がしっかりとしていないと、審査が通らず住宅ローンを借りることができないでしょう。 皆さん住宅購入に当たっては当然資金計画を立てているかと思いますが、ここで今ひと...

住宅購入のための自己資金

住宅購入のための自己資金 住宅購入のためとはいえ、家の預貯金の全額を自己資金に当てることはできないでしょう。 いざというときのために、ある程度の蓄えは残しておく必要があります。 しかし、自己資金が少ないと住宅ローンで借りなくてはならない金額が増えてしまいます。 住宅ローンで希望する金額の全額を借りることができ、問題なく返済ができるのであればそれでも良いでしょう。 ...

住宅購入のための自己資金を捻出する

住宅購入のための自己資金を捻出する マイホームは誰でも持ちたいと考えるものです。 大型の住宅公園に行けば、理想的な住宅が並んでいます。 また、新聞に折り込まれている建売住宅や新築マンションのチラシ、不動産会社や建築会社のチラシ等を見ますと、そろそろマイホームをと考えている人であれば、家族そろ って見に行く方も多いことでしょう。 ...

住宅購入のための自己資金を親に援助してもらう

住宅購入のための自己資金を親に援助してもらう 住宅ローンの担当者として一番頭を悩ませたのが、自己資金不足による審査の不通過です。 自己資金が足りないということで、そのお客様を断っていたのでは商売が成り立ちません。 そこで初めに考えるのが、親から住宅購入のための資金の一部を援助してもらえないかということです。 この話をしますと、案外親に相談していないというケースが見受けられました。 ...

住宅購入のための自己資金がない

住宅購入のための自己資金がない 住宅購入に当たり、資金計画をたてて自己資金分がどうしても足らない場合にはどうすればよいのでしょうか。 一般的に、住宅ローンの申込に当たっては、購入金額の20%以上は自己資金として準備しておく必要があるといわれています。 そこ自己資金がない場合には・・・ ...

住宅購入資金援助に対する税金 その1

住宅購入資金援助に対する税金 その1 住宅の購入に当たって、自己資金を十分に用意できてから住宅ローンの申込ができれば問題はありませんが、そのような方は少ないことでしょう。 ほとんどの方が、資金計画を立てる際に困るのが自己資金の金額の少なさでしょう。 ...

住宅購入資金援助に対する税金 その2

住宅購入資金援助に対する税金 その2 相続時精算課税の選択の要件に合致した場合には、贈与税の計算において2500万円の特別控除額を利用することができます。 しかし、贈与をする親が65歳以上となっており、かなり限定されてしまいます。 ...

住宅購入資金援助に対する税金 その3

住宅購入資金援助に対する税金 その3 相続時精算課税の選択の要件に合致した場合には、贈与税の計算において2500万円の特別控除額を利用することができます。 これが住宅取得資金である場合には、贈与者が65歳未満であっても適用が受けることができることを説明しました。 ...

住宅購入資金を親から借りる

住宅購入資金を親から借りる 住宅取得のための資金を親から援助してもらえれば、自己資金が増えることになるので、住宅ローンの審査が通り易くなることが考えられます。 しかし、全ての方がそのような恵まれた環境にあるとは限りません。 ...

資金計画で重要な諸費用

資金計画で重要な諸費用 住宅取得費用を計算するに当たって、諸費用のことを計算に入れていますか。 ほとんどの方は、諸費用のことも資金計画に入れていると思いますが、住宅ローンの申込を受け付けた際に諸費用のことが頭にない方もいました。 ...

住宅ローンはいくら借りられるのか

住宅ローンはいくら借りられるのか 住宅購入に当たっての資金計画において、住宅ローンにていくら借りることができるのかを把握することは重要です。 単純に計算しますと、住宅等購入・建設費とそれに伴う諸費用から自己資金を除いた金額を住宅ローンから借りることができればベストでしょう。 ...

住宅ローンで借りる額

住宅ローンで借りる額 前のページで住宅ローンはいくら借りることができるのかについて説明しました。 しかし、要は借金ですから住宅ローンの借入額はなるべく少ない金額で済ませたいものです。 住宅ローンの返済方法としては、毎月返済する方法と、毎月返済とボーナス時に増額して返済する方法があります。 まず毎月返済額ですが、住宅クローンの借り入れ金額と返済期間、金利によって変わってきます。 例として、...

住宅ローンの借り入れ期間は

住宅ローンの借り入れ期間は 住宅ローンの借り入れ期間をどのくらいにするかということも、大きな影響があります。 当然に自分が毎月返済していくことができる金額にしなければなりませんが、住宅ローンの借り入れ期間はできる限り短くすることをお勧めします。 住宅ローンの審査において、借り入れ金額と年収の関係から返済比率が基準を超えてしまうことから、暗に借り入れ期間を最長にされてしまうこともあるようで...