ようこそ! 「補聴器の価格情報~オムロンやパナソニック」へ

リオネット補聴器について

スポンサードリンク

リオネット補聴器について
リオネット補聴器は、東京都国分寺市にあるリオン株式会社で販売している補聴器のブランド名であります。
昭和19年に創立したリオン株式会社は東証二部上場しており、補聴器といった耳鼻科関連製品の他に医用検査機器群、環境保全や産業分野で使用される騒音計・振動計などの音響・振動計測器群等の製品を製造しています。
補聴器価格
リオネット補聴器には数多くの製品がありシリーズ化されています。
言葉をはっきり聴きたい方向けのリオネットロゼ、オーダーメイド補聴器の入門器であるリオネットハロー、コストパフォーマンスに長けたリオネットララ、補聴器最上位機種であるリオネットルーク、会話の聴き取りに優れたリオネットリサ、軽くて小さいリオネットロコ、新システム搭載のデジタリアンAシリーズ、小さく目立ちにくい外観のデジタリアンUシリーズ、オーダーメイドで新システムを搭載したデジタリアンLシリーズ、オーダーメイドでお手頃価格のジョイトーンがあります。

リオネット補聴器には大きく3つの形状に分けられます。

一つは”耳あな型”です。
耳の中にすっぽりと入り目立たない形状となっています。

耳あな型でも、オーダーメイドのものと既製品に分けられます。
また、シャワーや温泉でも装着可能な防水型というものもあります。

オーダーメイドの補聴器は、本人に耳の形状に適したものを作るのでベストなものとなるでしょう。
価格は両耳で20万円程度のものから50万円を超える高価なものまであります。
しかし、価格が高いほど高機能となり日々の生活は楽なものとなるでしょう。
これに対して既製品の補聴器は、両耳で11万円程度から15万円程度と安価となっています。

二つ目は”耳掛け型”です。
私の祖父も使用していましたが、耳に掛けて使用する補聴器です。
耳掛け型は、軽度難聴の方から高度難聴の方まで、幅広いラインナップが用意されています。
価格は、10万円を切るものから22万円程度のものまであります。

三つ目は”ポケット型”です。
ポケット型の補聴器は、気軽に使用することができる補聴器です。
胸のポケットに入るサイズで、ポケットラジオをイメージすると分かりやすいでしょう。
ラジオと同様に、イヤホンを耳に入れてるだけで補聴器となります。
価格は3万円を切るものから8万円弱ものまであります。

スポンサードリンク