ようこそ! 「補聴器の価格情報~オムロンやパナソニック」へ

パナソニックの補聴器について

スポンサードリンク

パナソニックの補聴器について
家電製品で有名なパナソニックですが、補聴器のみを販売するパナソニック補聴器株式会社を設立しています。
パナソニック補聴器の販売にあたっては、会社の方針として補聴器を装着することによる効果は、適切なカウンセリングを行った後に最適な補聴器を選択することと、補聴器を装着する方の聞こえの状態によって補聴器を調整することによって発揮されとしています。
よって、パナソニック補聴器を購入した場合には、販売店にてカウンセリングと調整が行われており、その費用も希望小売価格に含まれているというものです。
補聴器価格
パナソニックの補聴器は大きく3つの形状に分けられます。

一つは”耳あな型”です。
その中でも、オーダーメイドのものと既製品があります。

オーダーメイドの補聴器の特長は、何といっても本人に最適なものであるということでしょう。
耳の穴にすっぽりと入るような状態となり目立ちません。
しかし、価格は高いものとなります。

これに対して既製品の補聴器は軽度難聴の方向けの商品であり、価格も安価なものとなっています。

二つ目は”耳掛け型”です。
私の祖父も使用していましたが、耳に掛けて使用する補聴器です。
耳掛け型は、軽度難聴の方から高度難聴の方まで、幅広いラインナップが用意されています。

三つ目は”ポケット型”です。
ポケット型の補聴器は、気軽に使用することができる補聴器です。

胸のポケットに入るサイズで、ポケットラジオをイメージすると分かりやすいでしょう。
ラジオと同様に、イヤホンを耳に入れてるだけで補聴器となります。

操作も簡単で誰でも使用できるようになっています。
電池も乾電池をしようしており、取り扱いも簡単です。
価格も安価なものとなっています。

スポンサードリンク