ようこそ! 「補聴器の価格情報~オムロンやパナソニック」へ

ミミー電子の補聴器について

スポンサードリンク

ミミー電子の補聴器について
ミミー電子の補聴器は、東京都立川市にあるミミー電子株式会社で販売している補聴器です。
昭和49年に創立したミミー電子株式会社は、補聴器を含む耳鼻咽喉科領域を主体とした医療用機器の開発、製造を行っています。
補聴器価格
ミミー電子の補聴器のラインナップは、高出力で超小型であるデジタル補聴器のハピネス補聴器、超小型で高出力のハーモニー補聴器、高機能で目立たない耳かけ形補聴器のLUPINA(ルピナ)、会話を重視したポケット形普及タイプのミミー補聴器、スタイリッシュなデザインで高機能な広帯域ポケット形のビオラ補聴器があります。

ミミー電子の補聴器は大きく3つの形状に分けられます。

一つは”耳あな形”です。
耳の中にすっぽりと入り目立たない形状となっています。
アナログとデジタルものがあり、デジタルが一つあたり79,800円、アナログが49,800円となっています。

二つ目は”耳かけ形”です。
私の祖父も使用していましたが、耳に掛けて使用する補聴器です。
ハウリングを防止する耳栓を標準装備しています。
価格は54,400円となっています。

三つ目は”ポケット型”です。
ポケット型の補聴器は、気軽に使用することができる補聴器です。
胸のポケットに入るサイズで、ポケットラジオをイメージすると分かりやすいでしょう。
ラジオと同様に、イヤホンを耳に入れてるだけで補聴器となります。
価格は19,800円のものと32,600円のものがあります。

スポンサードリンク