ようこそ! 「補聴器の価格情報~オムロンやパナソニック」へ モバイルサイトはコチラ

 「補聴器の価格情報~オムロンやパナソニック」へようこそ

補聴器の価格はお手ごろな価格のものから高額なものまで幅広くなっています。
手軽なものとしてオムロンの補聴器がありますが、他にもパナソニックやリオネット、ミミー電子が販売している補聴器もあります。
補聴器は難聴のレベルによって選ぶことが一般的ですが、オーダーメイドのように自分の耳の形に適したものとする、使いやすさ、価格、目的の機能といったもので選ぶこともあります。
ただし、価格重視で選んでしまい自分に合っていないものを購入したことから使用しなくなってしまったという話も耳にします。
高額でオーダーメイドの補聴器であれば自分に適した補聴器になるでしょうが、価格と効果がマッチしないと考える方も少なくないことでしょう。
まずは自分の難聴レベルがどの程度なのか?補聴器によってどのように聴こえるようになりたいのか?価格はどのくらいのものを考えているのか?という3つのポイントを考えてみましょう。
電動ドライバー

スポンサードリンク

 「補聴器の価格情報~オムロンやパナソニック」コンテンツ

 
オムロンの家庭用・医療用健康機器の開発・販売を行っているのが京都にあるオムロンヘルスケア株式会社です。
コマーシャルで有名となったもので体重体組成計のカラダスキャンがあります。
この他にも身近なものとして血圧計や体温計、歩数計、電動はブラシ、低周波治療器、マッサージ機器などがあります。
その中の一つに補聴器があります。

 
生活家電で有名なパナソニックでは補聴器も扱っており、横浜市に本社を持つパナソニック補聴器株式会社にて販売を事業としています。
東京、神奈川、名古屋、大阪にパナソニック補聴器プラザという営業拠点を持っており、補聴器の販売や修理サービスを行っています。
パナソニックの補聴器のラインナップは豊富で、使いやすく安価のものからオーダーメイドで高額となるものまであります。

 
リオネット補聴器は、東京都国分寺市にある東京2部上場のリオン株式会社のブランドです。
この会社は、補聴器のほかにも医用検査機器や音響・振動計測器、微粒子計測器の製造、販売およびこれらに関連する部品、機器等の製造、販売を主な事業としています。
1948年に国産初の補聴器を開発・発売しており、リオネットのブランド名で先進の技術とサービスで、日本の補聴器市場で常にトップランナーの地位を確立しているとされています。

 
ミミー電子株式会社は、東京都立川市にある医療用機器の開発、製造を行っている会社です。
この会社は、設立当初より耳鼻咽喉科領域を主体とした医療用機器の開発、製造を行っており、聴力検査器や幼児聴力検査装置、ヒヤリングチェッカー、補聴器適合検査器、鼓膜麻酔器、聴力検査室、磁気ループ補聴装置、アルファー波測定器などの機器類を開発しています。
そのなかでも補聴器には力を入れており、多くの使用者がおり人気となっています。