ようこそ! 「グループホームとは~認知症の方や高齢者」へ

グループホームとは

スポンサードリンク

グループホームとは
近年、皆さんが住んでいる場所の近くにもグループホームという看板を掲げた建物を見かけたことがあるのではないでしょうか?
私が住んでいる場所の近くにも、グループホームが2箇所あります。
しかしグループホームというものがどんな場所なのか、詳しく知っている方は少ないようです。
グループホームとは
グループホームとは、一般的な家庭と同じような住環境において、認知症である高齢者の方が少人数で共に生活をして、適切なケアを受けながら自立した生活を送ることができるようにするための場所です。
認知症の方がグループホームにて自立した生活をすると、病気である認知症に対して一定の効果があるとされているのです。

少子高齢化が進み、人口に対して高齢者が占める割合が増え、その高齢者の中には認知症の患者が多くいます。
介護保険制度等により高齢者に対する福祉が進んできてはいますが、認知症患者に対する福祉はいまひとつといったところでしょう。

このような中、グループホームが注目されているのです。
グループホームは、高齢者に対する福祉の先進国であるスウェーデンにおいて1980年代の半ばに認知症の患者に対する新しいケアとして取り組まれました。
その後日本においては、1990年代の初めにグループホームによる認知症ケアが取り組まれたとされています。

その数は、平成10年頃では40程度でしたが、その後着々と増えており、平成11年度では266、平成14年度では2800となっています。
しかし、その数は充分とはいえない状況にあります。
なぜならば、グループホームは少人数制で運営されており、特別養護老人ホームのような大規模な施設と比較すると、グループホームの入所者は圧倒的に少ないものとなっています。
よってグループホームの数だけではニーズを満たしているかは判断しがたいところです。

スポンサードリンク