ようこそ! 「グループホームとは~認知症の方や高齢者」へ

グループホームが抱える問題点 その1

スポンサードリンク

グループホームが抱える問題点 その1
介護保険制度が施行されて以降、介護サービスの一つとしてグループホームは急増しました。
しかし、その数はまだ充分とはいえません。
厚生労働省が策定したゴールドプラン21において、グループホームの整備に対して数値目標を掲げました。
その数は全国で3200箇所とされていましたが、その数は既に超えており、さらに増えています。
グループホームとは
しかし、その数値目標の設定自体に問題があり、その目標をクリアしてもまだまだ数は足らないようです。
それはグループホームが認知されてきて、入居させたいという家族が増えたことと、高齢化によって認知症患者の数が増えていることが要因しています。

また、グループホームがあったとしても自宅の近くにあるわけではありません。
グループホームが一つもない自治体も存在します。
グループホームが近くにあったとしても満員であることも考えられます。

このような場合には、空きのあるグループホームに入居するしかありませんが、その場所が今まで住んでいた自宅から遠くなってしまうことも充分考えられます。
これでは、グループホームの理念の一つである「住み慣れた場所で暮らす」というものから大きく外れてしまいます。

グループホームに入居を希望する人が、自宅の近くにあるグループホームに入居できるように整備することが求められています。

スポンサードリンク