ようこそ! 「グループホームとは~認知症の方や高齢者」へ

グループホームの外部評価 その7

スポンサードリンク

グループホームの外部評価 その7
グループホームの外部評価について詳細な項目を説明していきますが、グループホームとはどのような姿であるべきかということで評価の項目が詳細に設定されていますので、自分の目で確かめた際に思い出してください。
評価項目は100項目ありますが、そのうち外部評価を行う項目は30項目となっています。
項目の内容は入居を検討している方にとっては、選択の際のヒントになるかもしれませんので、全項目について紹介していきます。
グループホームとは
【Ⅲ.その人らしい暮らしを続けるためのケアマネジメント】

1.一人ひとりの把握

(33)思いや意向の把握
一人ひとりの思いや暮らし方の希望、意向を把握することに努めているのか?これが困難な場合には、本人本位に検討しているのか?

(34)これまでの暮らしの把握
一人ひとりの生活歴や馴染みの暮らし方、生活環境、これまでのサービス利用の経過等についての把握に努めているのか?

(35)暮らしの現状の把握
一人ひとりの一日の過ごし方や心身状態、本人が有する能力等の現状を、総合的に把握するように努めているのか?

2.本人がより良く暮らし続けるための介護計画の作成と見直し
(36)チームでつくる利用者本位の介護計画
本人がより良く暮らすための課題とケアのあり方について、本人や家族及び必要な関係者と話し合いを行い、それぞれの意見やアイディアを反映した介護計画を作成しているのか?

(37)現状に即した介護計画の見直し
介護計画の期間に応じて見直しを行うとともに、見直し以前に対応できない変化が生じた場合には、本人や家族、必要な関係者と話し合いを行い、現状に即した新たな計画を作成しているのか

(38)個別の記録と実践への反映
日々の様子やケアの実践・結果、気づき、工夫を個別記録に記入して情報を共有しながらの実践や介護計画の見直しに活かしているのか?

スポンサードリンク