ようこそ! 「電動ドライバーの紹介~パナソニック・リョービ・マキタ」へ

電動ドライバー購入の経緯

スポンサードリンク

電動ドライバー購入の経緯
電動ドライバーは以前から購入しようと検討していたのですが、きっかけがなく購入しないままでした。
しかし、雨どいの工事を行なう際に必要になり購入しました。

RYOBI 充電式ドライバドリル BD-123
自宅は2階建てのため、雨どいは2階にもあり高所での作業には電動ドライバーは必須と考え購入しました。

足場を組むと30万円程度の費用が掛かることから足場なしで2連はしごで作業を行うこととし、2連はしごは横滑りの危険があるので少しでもリスクを減らす観点から、作業を短時間で終わらすためには電動ドライバーが必要となったのです。

電動ドライバーの購入に当たってはインターネットの通販サイトで購入しようと考え、数多くのメーカーサイトで比較検討して、通販サイトで価格を調べました。

また、友人に工務店を経営している建築士がおり、電動ドライバー等建設工具を使用しているのでお勧めを聞きましたが、プロ仕様の高価な製品を勧めてくるので多少参考にする程度としました。

実物を見たくなったので、近所の大型ホームセンターに見に行き、そこに購入の候補としていた電動ドライバーが二つありました。
しかも価格も通販サイトとたいして変わらず、送料を考えるとかえって安いくらいでした。


RYOBI 充電式ドライバドリル BD-123
日立製とリョービ製の二つがありましたが、価格は同程度で機能なども一緒なので迷いましたが、LEDライトが付いているいないと言う点だけが異なったので、リョービ製を購入しました。

スポンサードリンク