ようこそ! 「電動ドライバーの紹介~パナソニック・リョービ・マキタ」へ

充電ドリルドライバーマイハンド4.8V EZT141 その2

スポンサードリンク

充電ドリルドライバーマイハンド4.8V EZT141 その2
充電ドリルドライバーマイハンド4.8V EZT141の使い方について紹介しましょう。

1.ビットの取り付け
商品に付属されているビットを取り付けます。
作業中に作動したら危険なので、動作ロックスイッチがありますので、これを”ロック”にしましょう。

Panasonic 充電振動ドリルドライバーEZ6902X
本体の先端にあるビットホルダーを引っ張ります。
引っ張った状態でビットを差し込み、ビットホルダーを離せば取り付け完了です。
取り付けた後に、ビットがしっかりと固定されているか、軽くビットを引っ張って確認しましょう。

2.締め付けの強さの選択
作業の内容に応じて、締め付けの強さを選びます。
締め付けの強さはクラッチハンドル(本体の先端部分にあるダイアル)をまわして、目盛り合わせ位置にあわせ調整します。

強さの目安としては、木材や金属のねじ下穴あけや木工ダボ穴あけといった作業は最強に、通常の木工工作は目盛り5程度、柱等に棚を取り付ける作業は目盛り4程度、家具の組み立て作業は目盛り3程度、それ以外の大きな力を要しない組み立て等の作業は目盛り2~1で十分でしょう。

3.作業の開始
これで準備が整いましたので、初めにロックした動作ロックスイッチを解除しましょう。
あとはトリガスイッチを引けは電動ドライバーが回ります。

トリガスイッチは、スイッチの上の部分を引けばねじを締めることになります。
スイッチの下の部分を引けば、ねじを緩めることになります。

作業のポイントとしは、ねじ山のサイズに適したビットを選ぶことです。
サイズが合っていないビットで作業してしまうと、ねじ山をつぶしてしまいます。

また、締め付けの強さも適していないと、ねじ山をつぶしてしまう、締めすぎで材料をへこましてしまうことがあります。
別の場所等で試してから作業を行うと確実でしょう。

スポンサードリンク