ようこそ! 「電動ドライバーの紹介~パナソニック・リョービ・マキタ」へ

充電式インパクトドライバ TD132DRFX その2

スポンサードリンク

充電式インパクトドライバ TD132DRFX その2
マキタ充電式インパクトドライバTD132DRFXの特長はまだまだあります。
実際に電動ドライバーをよく使用している人にとっては大変役立つ機能ですが、ライトが付く機能があります。
電動ドライバーを使用する場所は、明るい場所に限りません。
また、明るい場所であっても何かの影となり、作業箇所だけ暗くなってしまうこともあります。

マキタ 充電式インパクトドライバ TD090DWX
ねじ等を緩める場合にはさほど気を使わずに済みますが、ねじ等を締め付ける場合には失敗は許されません。
作業箇所が暗いと間違いを起こす可能性もあります。
このような時にライトが付くと助かります。
電動ドライバーのトリガをONすれば自動的に点灯し、OFFすれば自動的に消える仕組みとなっています。
また、回転前点灯および残照機能もついています。

次にバッテリーの残量が一目で分かるLEDランプが付いています。
プロであればバッテリー切れは許されないので、予備のバッテリーは数個用意してあることでしょう。

しかし素人の場合は、バッテリーを幾つも用意することは少ないでしょう。
このような時に、バッテリーの残量が一目で分かれば途中でバッテリー切れによる作業中断などということはなくなるでしょう。

また、トリガ部分のスイッチには電子スイッチを採用しています。
これにより、疲れにくく、微調整がしやすくなり、バッテリーの寿命が長くなるというメリットがあります。
電子スイッチにより、軽い操作荷重と少ない電流負荷を実現しました。

スポンサードリンク