ようこそ! 「電動ドライバーの紹介~パナソニック・リョービ・マキタ」へ

日立コードレスドライバドリル FDS12DVC

スポンサードリンク

日立コードレスドライバドリル FDS12DVC
日立コードレスドライバドリルには、プロ向けの商品とDIY向けの商品があります。
この日立コードレスドライバドリルFDS12DVCはDIY向けの商品として製造されています。

HITACHI コードレスドライバドリル FDS-12DVC (2SSK) FDS-12DVC(2SSK)
DIY向けの商品だけあって、本体が1.5Kgと軽量でコンパクトなサイズとなっています。
また操作性を考えて正逆切り替えボタンの採用や、握りやすい大型のソフトグリップなので、誰でも簡単に使用することができます。
さらに先端工具を簡単に変えることができるキーレスチャックがついています。

しかしDIY向けの商品であっても、性能はプロ使用と比較すると劣ってしまいますが、DIYとして使用するには充分な性能となっています。

ネジ締めの能力としては、木ねじがΦ5.8×63L、機械ネジがM6となっています。
穴あけは、鉄工が板厚1.6mmで12mm、アルミは板厚1.6mmで15mm、木工は板厚18mmで25mmです。

最大トルクは高速で7N・m、低速で26N・mと充分なトルクとなっています。
また、トルクは22段階の調節が可能です。

電源は、ニッカド電池を採用しており容量も1.2Ahと充分な容量となっています。
充電・放電回数も約300回となっており、長い期間にわたって使用することができるでしょう。
フル充電までの時間は約30分です。

付属品として、充電器と予備の電池、フック、プラスのビット、プラスティックケースがあり、価格はインターネットの通販サイト等で10,000円を切る価格で販売しているサイトを見つけることができます。

スポンサードリンク