ようこそ! 「車の盗難防止装置や車止め等のカーセキュリティ」へ

バイパーとは

スポンサードリンク

バイパーとは
バイパーは、日本の加藤電機株式会社にて開発された自動車盗難防止装置です。
加藤電機株式会社は、自動車盗難防止装置及びセキュリティ機器の企画・開発、製造、販売等を行っている会社であり、自動車盗難防止装置にはバイパーの他にホーネットという製品も取り扱っています。 取り扱う商品は国内トップシェアを誇っています。
バイパーは日本だけでなく、アメリカでも多くの支持を得ている商品です。

HORNET 自動車盗難防止装置 取付工事不要!
バイパーの特長は数多くありますが、その一つにテラエディションというものがあります。
これは電話とインターネットとの融合による次世代型双方向セキュリティのことです。

バイパーにオプションパーツを付けることにより、セキュリティ通信機能が追加されます。
テラエディションの主な通信機能としては、システムコントロール機能や車両監視機能、自動通報機能、位置情報サービスなどがあります。
また、現在使用している携帯電話がバイパーのリモコンに変えることができ、携帯電話からバイパーアームやドアロック、エンジンスタート、異常通常といったことができるようになります。

車の盗難防止装置であるバイパーには、11のモデルが販売されています。
791V、1000V、2000V、3000V、5000V、3901~3V、330V、3300V、350VⅡ、350V、818Vです。

(バイパー 791V)
2段階衝撃センサー、ドアトリガー、ボンネットトリガーを始め、5つのセンサーとイモビライザー機能を併せ持ったトータルなセキュリティ機能を持つ商品です。
また、ドアロック連動以外にもエンジンスターターが付いているので大変便利です。

リモコンの通信距離は、理論値で3km、見通し500mとなっており、長距離による双方向のリモコン操作が可能となっています。
他にもセキュリティのし忘れを回避するためのパッシブ機能などもあり、警戒を確実なものとしています。
価格は車種や年式等によって工賃等が異なりますが、13万円は超えると考えてよいでしょう。

スポンサードリンク