ようこそ! 「バリアフリー住宅~ユニバーサルデザインの家」へ

バリアフリー住宅とは

スポンサードリンク

バリアフリー住宅とは
高齢化に伴い、バリアフリー住宅という言葉はかなり使われるようになりました。
では、バリアフリー住宅とは?どういうものでしょう。
物理的バリアフリーとしては、住宅、デパート、駅などの公共機関が思い浮かびます。公共の場では、かなりの確立で段差が少なくなっていたり、トイレなどに手すりが備え付けてあったり、エレベーターがあったり、と目に付きやすくなっています。
バリアフリー住宅
車椅子を使用している方には、出入口のスロープや車椅子用トイレ、エレベーターにも下のほうに階数指定のボタンが付いていたりします。
これが、1番わかりやすいバリアフリーということです。

バリアフリー住宅に関していうと、人は高齢になると身体機能が衰えてきます。
とっさの判断も鈍ってきます。
今まで何十年も暮らしてきた住み慣れた我が家でも、ある日突然転倒し怪我をする、寝たきりになってしまう、最悪な場合亡くなってしまうということもあるのです。
高齢者の事故の多くが住宅内で起きているということからも、そういったことによって、怪我や事故をおこさないような住宅が必要だと考えられます。

スポンサードリンク