ようこそ! 「バリアフリー住宅~ユニバーサルデザインの家」へ

バリアフリーとは

バリアフリーとは、その名のごとく障害を取り除くということとなりますが、障害者の方や高齢者の方が社会生活において支障となる障害を取り除くことを指します。
その障害というものは、物理的なものは当然のこと、精神的なものも含まれます。
ここでは、物理的な障害、例えば建物の段差を取り除くといったバリアフリーについて紹介していきます。

スポンサードリンク

バリアフリー住宅とは

バリアフリー住宅とは 高齢化に伴い、バリアフリー住宅という言葉はかなり使われるようになりました。 では、バリアフリー住宅とは?どういうものでしょう。 物理的バリアフリーとしては、住宅、デパート、駅などの公共機関が思い浮かびます。公共の場では、かなりの確立で段差が少なくなっていたり、トイレなどに手すりが備え付けてあったり、エレベーターがあったり、と目に付きやすくなっています。 ...

バリアフリー住宅を実際に見て真似をする

バリアフリー住宅を実際に見て真似をする 自分は高齢じゃないから、身体に障害がないから、といって安心してはいられません。 年齢は誰でも平等にとっていくものであり、ある日突然車椅子にということも考えられます。 両親が高齢という方、その両親と同居している方はもっと身近に考えられることかもしれません。 ...

公共施設のバリアフリー

公共施設のバリアフリー バリアフリーというと、バリアフリー住宅という言葉が思い浮かびますが、バリアフリーのそもそもの意味は、高齢者や障害持たれている人、妊娠している人や子ども連れの人など、全ての人が安全で快適な社会生活を送るために社会的、物理的、心理的な全ての障壁を取り除いていこうという考え方です。 ...

バリアフリー住宅にリフォーム

バリアフリー住宅にリフォーム 一般的に住宅を新築しようと思うのは、20代30代だと思います。 若いときに自分が歳をとった時のことを考えて家を建てる人はほとんどいないでしょう。 デザインのよい、見栄えのよい家に走りがちです。 そんな20代30代の人が、バリアフリーのことを考え始める頃が50代中盤から後半でしょうか。 ...

バリアフリーリフォームは自分でも出来ます

バリアフリーリフォームは自分でも出来ます 業者さんにお願いしなくても、自作で改修できる物があります。 ホームセンターに行くと様々なバリアフリー改修に使える物が売っています。 玄関の上がりはなに踏み台を置いて、段差を小さくするだけでもかなり楽になるでしょう。 この際、踏み台が動いてしまわないようにしっかり固定することが大切です。 ...