ようこそ! 「バリアフリー住宅~ユニバーサルデザインの家」へ

バリアフリーにする トイレ編

スポンサードリンク

バリアフリーにする トイレ編
今は和式のトイレという家は少ないですが、和式のトイレだというお宅のほとんどが高齢者のいる家庭ではないでしょうか。
お年寄りの中には、他の人が座ったとことに座るのが嫌だという方もいらっしゃいます。
バリアフリー住宅
しかし和式トイレというのは、しゃがんで血管が圧迫されるうえどうしても力んでしまいます。
それが立ち上がったときに圧迫されていた血管が一気に流れ出すので、立ちくらみや脳卒中をおこし倒れてしまうといったことが多くなっています。
高齢者はそれでなくても足腰の筋肉が衰えてきますので、現在和式のトイレのお宅は洋式のトイレに替えることをお勧めします。

和式を洋式に替えるだけでなく、トイレに入ってから出てくるまでの一連の流れをよく考えて不便のないように考えましょう。
まず、トイレ入り口は段差をなくすこと。
扉は外開きか引き戸にし、いざというときに鍵は外側からも開けられるタイプにしましょう。
洋式でも腰の上げ下げは大変です。
補助できるように手すりの取り付けを忘れずに。
あと、忘れてはいけないのが冬のトイレです。
便座はとても冷たくなりますので、便座カバーを付けるか暖房便座にしましょう。

車椅子の場合は、前述のほかに車椅子の向きを変えられるだけのスペースが必要となります。

スポンサードリンク