ようこそ! 「バリアフリー住宅~ユニバーサルデザインの家」へ

バリアフリーにする 階段編

スポンサードリンク

バリアフリーにする 階段編
バリアフリーにするのに、階段はちょっと困ります。
出来れば、車椅子の方や年配の方は1階が望ましいのですが、最近の住宅は日当たりが良いという理由からか、リビングが2階にあるという家が多いようです。
バリアフリー住宅
まず、高齢ですが足腰が比較的しっかりしているという方は、手すりを付けましょう。
折り返しの階段で、途中に踊り場がある場合は踊り場にも連続して手すりを設置する必要があります。

滑り止めも付けましょう。
ただし、高齢者は自分が思っている以上に足が上がっていないものです。
滑り止めでつまずいて転倒ということになってしまっては本末転倒ですので、段差が大きくならないような滑り止めを付けましょう。

車椅子利用の方や自分で階段を上り下りするのが不安な方は、ホームエレベーターや階段昇降機が必要になります。
ホームエレベーターは高齢化に伴って設置する家庭が増えています。
250万円以上と高額になり利用には電気代がかかります。
定期的にメンテナンスも必要になります。
リフォームで取り付けると新築で取り付けるのと比べて倍近く費用がかかるようなので、よく考えての設置が必要となります。

階段昇降機は、階段にレールを設置し、そのガイドレールに沿って椅子に駆動装置が付いたものや、車椅子が乗れるテーブルに駆動装置が付いたものが人を乗せ階段を昇降するものです。
価格は100万円前後です。
設置するのにある程度の階段の幅が必要です。

スポンサードリンク