ようこそ! 「バリアフリー住宅~ユニバーサルデザインの家」へ

バリアフリーにする 浴室編

スポンサードリンク

バリアフリーにする 浴室編
お風呂に入ってゆっくりのんびりしたい、誰もが考えることです。
しかしそのお風呂が高齢者にとって、とても危険な場所になってしまうかもしれないのです。
バリアフリー住宅
まず、水を使う場所なので滑りやすいということ。
入り口と床はフラットにして、滑りにくく加工してあるタイル等を使います。
手すりも行動パターンを考えて、入り口、シャワー、浴槽などに取り付けますが、形状は行動に適したものにします。

浴槽は狭いのは窮屈ですが、広いと滑ったり倒れこんだりする危険があります。
背中がぴったりついて足も伸ばしたときにつくというくらいの広さが丁度良いでしょう。
出入りが大変になるような深いタイプの浴槽は避けましょう。

洗い場にはシャワーチェアーを置きましょう。
背もたれのあるものとないものが市販されています。
あとは湯船に出入りするときに、湯船のふちと同じ高さの台を置けば安全に出入りできます。
手すりをもってゆっくりと出入りするようにします。
湯船につかっているときもできれば手すりを持つ習慣をつけたいものです。

車椅子の方や自己での出入りが困難な方には、リフトを取り付けるという方法があります。
移乗台が上下するようになっており、台に座れれば楽に浴槽に入れるというものです。

スポンサードリンク