ようこそ! 「バリアフリー住宅~ユニバーサルデザインの家」へ

バリアフリー住宅の具体例.

ここではバリアフリー住宅の具体例を挙げていきます。
自宅をバリアフリー化する場所としては、玄関や寝室、廊下、階段、トイレ、お風呂場、キッチン等があり、それぞれ最適な器具も製造・販売されています。
これらの器具を上手に利用することで、障害者の方や高齢者の方の生活に大いに役立つこととなります。

スポンサードリンク

バリアフリーにリフォーム 玄関・アプローチ編

バリアフリーにリフォーム 玄関・アプローチ編 玄関とアプローチは家から外、外から家への重要な場所です。 そこが快適でないと、外に出るのが億劫になってしまったりするものです。 ...

バリアフリーにする 寝室編

バリアフリーにする 寝室編 寝室は1日のほとんどを過ごす所です。 快適な空間にすることが必須です。 現在元気であっても、車椅子生活になったり寝たきりの生活になったり・・・将来どんなことがあるかわかりません。 ...

バリアフリーにする 廊下編

バリアフリーにする 廊下編 自宅をバリアフリーにと考えた時に1番最初に思いつくのが廊下ではないでしょうか。 家の中を行き来するのには必ず通る所ですから、怪我のないようにしたいものです。 廊下は部屋ほど明るくないという家が多いようです。 照明を明るくしたり、足元灯をつけるなども必要です。 ...

バリアフリーにする 階段編

バリアフリーにする 階段編 バリアフリーにするのに、階段はちょっと困ります。 出来れば、車椅子の方や年配の方は1階が望ましいのですが、最近の住宅は日当たりが良いという理由からか、リビングが2階にあるという家が多いようです。 ...

バリアフリーにする トイレ編

バリアフリーにする トイレ編 今は和式のトイレという家は少ないですが、和式のトイレだというお宅のほとんどが高齢者のいる家庭ではないでしょうか。 お年寄りの中には、他の人が座ったとことに座るのが嫌だという方もいらっしゃいます。 ...

バリアフリーにする 浴室編

バリアフリーにする 浴室編 お風呂に入ってゆっくりのんびりしたい、誰もが考えることです。 しかしそのお風呂が高齢者にとって、とても危険な場所になってしまうかもしれないのです。 ...

バリアフリーにリフォーム キッチン・台所編 1

バリアフリーにリフォーム キッチン・台所編 1 キッチン・台所は日常の生活に欠かせない場所です。 高齢になったり車椅子だったりすると、それにともなってリフォームが必要になってきます。 まず考えなければならないのは、1人暮らしか夫婦2人暮らしか子供など他の家族と同居しているか、ということです。 ...