ようこそ! 「バリアフリー住宅~ユニバーサルデザインの家」へ モバイルサイトはコチラ

 「バリアフリー住宅~ユニバーサルデザインの家」へようこそ

バリアフリー住宅やユニバーサルデザインの家・・・
聞き慣れた言葉ではありますが、どのようなものか理解していますか?
住宅を自分でリフォームするなら、手すりを付ける、段差を解消するなどが一般的です。
バリアフリー住宅用の器具もトイレやバスルーム、玄関、寝室など場所によって様々な種類があります。
バリアフリー住宅、ユニバーサルデザインの家にリフォームする際には補助金制度や減税制度もあります。
バリアフリー住宅

スポンサードリンク

 「バリアフリー住宅~ユニバーサルデザインの家」コンテンツ

 
バリアフリーとは、その名のごとく障害を取り除くということとなりますが、障害者の方や高齢者の方が社会生活において支障となる障害を取り除くことを指します。
その障害というものは、物理的なものは当然のこと、精神的なものも含まれます。
ここでは、物理的な障害、例えば建物の段差を取り除くといったバリアフリーについて紹介していきます。

 
ここではバリアフリー住宅の具体例を挙げていきます。
自宅をバリアフリー化する場所としては、玄関や寝室、廊下、階段、トイレ、お風呂場、キッチン等があり、それぞれ最適な器具も製造・販売されています。
これらの器具を上手に利用することで、障害者の方や高齢者の方の生活に大いに役立つこととなります。